おしゃべりコーナー
 記事へのご意見・ご感想や、最近身近に起こっている出来事など、書き込みお待ちしております。
営利目的の内容や、スパム対策のため、投稿されましてからしばらく表示までにお時間を頂くかもしれませんが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。お名前と内容は必須事項になっております。匿名・ニックネームでも結構です。メールでのお問い合わせは「webmaster@do-natteruno.com」まで。
※名前
メール
HP
題名

※内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 政府がマスク買い占め?! 白藤  2020年3月1日(日) 22:14
[削除]
政府が、マスクを買い占め北海道へ送るって?何してるねん他府県のマスク不足をさらに困難にするやろが。政府のやるべきことは、マスクの量産体制を構築することやで。民間製造業者に、施設増設の資金援助しなあかんでしょ。私が首相なら、直ちに、いやとっくに指示しています。アルコールはタンカーで緊急輸入します。たかが2500億円の予備費ではなく。本格予算を兆単位で用意します。代わったろか!ほんまイライラするわ!

 まるで、やるやる詐欺 甲田勉  2020年3月1日(日) 19:44
[削除]
 見ましたか?首相会見。「責任をとる」というとりましたなあ。今までの不祥事のたび「責任は私にあります」と何度おっしゃった!!でも、一度も責任をとったことがない。そんな御仁の責任発言は、そもそも無理でしょう。何度国民をだますのか。あれするこれすると、する気がないのに、ようも口からでたらめばかり。コロナ対策に新年度予算の計上もせず、そんな金をどこから出すの?
 国民に戦えってか!?そんなら戦うためにマスクを用意しろや。消毒用のアルコールを用意しろよ。そんなこともようせん首相を信用せいというのが無理でっせ。

 新型コロナウイルス C、流行期に備えたいこと。チェックポイントと専門家の見方 ネット配信より抜粋  2020年2月28日(金) 19:10
[削除]
 2019年3月まで厚生労働省結核感染症課長だった三宅邦明さん

新型コロナウイルス感染症対策は、国内での流行期・蔓延期に向けて舵を切り始めました。感染経路がはっきりしない患者も増えてきたためです。“水際対策”や“封じ込め”を狙う時期は過ぎたことを前提として、新型インフルエンザと同様、通常医療を崩壊させないことも重要になってきます。流行期が2〜3カ月は続くと考えられる中、社会生活をどこまで制限すればいいのでしょうか。市民が気をつけなくてはいけないポイントと前厚生労働省結核感染症課長の見方を紹介します。

チェックしてみよう 〜一般市民向け・クイック・チェックポイント〜
【1】注意したいこと
・自分で体調管理を行い、体調がすぐれないときは朝夕の体温測定をする
・病院や施設での面会を控える
・人が多く集まる室内での集会への参加は必要なものだけに限る
・公共交通機関でつり革や手すりに触れた後は、鼻、口、目を触らない
・会社、学校、自宅に着いたら手洗いをする
・時差通勤でラッシュアワーを避ける
・テレワークを活用する
・37.5度以上の発熱、咳、倦怠感がある場合は、出来るだけ会社、学校を休む
・37.5度以上の発熱、咳、倦怠感がある場合に、人と接触する場合はマスクを着用し、手で鼻や口を触ったら手洗いをする
・体調不良の人と接する場合はマスクを着用する

【2】注意したい症状
・37.5度以上の発熱、咳、倦怠感などに加え、呼吸苦や息切れがある場合
・37.5度以上の発熱、咳、倦怠感などの症状が5日以上持続する場合

【3】病院にかかるには
・帰国者・接触者相談センターなどに相談してから病院(一般外来でなく、帰国者接触者外来)を受診する

【4】高齢者や基礎疾患のある人は
・毎朝夕、体温測定をする
・多くの人が集まる集会場などに行くことを控える
・インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンを接種していない人は医療機関で接種する

 新型コロナウイルス関連 B ネット配信より抜粋  2020年2月28日(金) 9:26
[削除]
検査の精度はどれぐらいなの?

ー検査の精度はどれぐらいだと考えたらいいのでしょうか?
検査の有用性を評価する指標に、「感度」「特異度」「的中率」があります。
感度とは、その検査が、陽性の人を正しく陽性と判定できる確率です。新型コロナウイルスによる感染症 (COVID-19)を引き起こすウイルスである「SARS-CoV-2」のPCR検査の感度は、30〜50%や70%だという報告がありますが、いずれにしても100%ではありません。
感度は様々な条件にも左右されます。
例えば、新型コロナウイルス は、感染者のウイルス量がインフルエンザの100分の1〜1000分の1と言われており、そもそも検出されにくいと考えられています。
また、のどから採取した検体より、鼻から採取した検体の方がウイルス量が多く、検出率が高くなることが考えられているのですが、この方法が必ずしも用いられるとは限りません。
というのは、鼻の穴に綿棒をいれると、くしゃみなどで飛沫にさらされるリスクが高いのでためらう医療者もいるのです。国内ではのどをぬぐった液が使われることが多いと言われており、鼻に比べて感度が下がることが考えられます。
特異度とは陰性の人を正しく陰性と判定する確率で、検査は感度、特異度はトレードオフの関係にあります。
「陽性的中率」というのは検査が仮に陽性だった場合に、どのくらいその結果が正しいか(=本当にCOVID-19にかかっているのか)を示す確率です。
風邪のような症状を訴えても、COVID-19にかかっている可能性が現在のようにとても低い(=集団の中での有病率が低い)状況で検査をすると、COVID-19にかかっていないのに検査結果が陽性と出る人の絶対数も多くなることになります。
すると、陽性という結果が出た人の中で、本当に感染している人の割合である陽性的中率もかなり下がります。よって、本当はCOVID-19ではないのに陽性の検査結果が出てくる可能性も高くなります。

ーまとめると、せっかく検査をしても、あまり精度は高くないから、その結果を100%信じるわけにはいかない検査ということになりますね。
すべての感染例を拾うことには限界がある検査です。また、陽性の結果が得られても、そもそも日本国内の有病率(事前確率)が低いので、陽性的中率は低いと考えられます。


 新型コロナウイルス関連 A ネット配信より抜粋  2020年2月26日(水) 20:16
[削除]
新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  
感染管理の専門家に聞きました

新型コロナウイルス、不安でたまらないのに医療機関に行っても検査をしてくれないという不満の声があちこちから聞こえてきます。なぜ医師は検査をしてくれないのか、そもそもその検査に意味はあるのか、感染対策のプロである聖路加国際病院、センター感染管理室マネジャーの坂本史衣さんに一から教えていただきました。※インタビューは25日から26日午前にかけてメールとスカイプを使って行い、その時点の情報に基づいています。岩永直子】

そもそもどんな検査なの?
ー新型コロナウイルスが流行し始めてから、「PCR検査」という言葉をよく耳にするようになりました。どんな検査か教えていただけますか?

患者さんから採取した検体(鼻やのどを綿棒で拭った液)のなかに新型コロナウイルスの遺伝子があることを、遺伝子を増幅させることで確認する検査です。

ーどこで検査しているのですか?
厚生労働省によれば「これまで、国立感染症研究所や検疫所だけでなく、地方衛生研究所、民間検査会社や大学などの協力を得ながら、令和2年2月18日時点で1日3,000件を上回る検査体制を維持・獲得してきました」となっています。
大学病院など設備が整っているところは病院で検査が可能ですが、全ての病院で検査ができるようになっているわけではありません。民間の検査会社も厚労省からの依頼で検査を受けつけているので、病院から直接依頼はできません。

ー結果が出るまでどれぐらい時間がかかると言われているのでしょうか?
現在病院でPCR検査を行うことはできないので、医師が検査が必要と判断したら、保健所に書面と電話で依頼し、必要と認められれば保健所が病院に検体を取りに来て、検査センターまで運び、そこから検査が始まることになります。
現在活用されている「リアルタイム RT-PCR」という方法では、検査自体は5〜6時間かかります。
検査自体の所要時間は約5時間ですが、検体の受け取りから結果の報告までにそれ以上の時間がかかるため、当日中に結果が出ることは稀です。
結果の判明について厚労省は「結果が判明するまでの期間は状況によりますが、1日から数日かかります。」と言っています。その通りであると思います。
また、一度に多数の検体が検査センターに搬入されると待ち時間がさらに長くなり、結果報告までに2日ほどかかることもあります。そのため、検査をすることになった患者さんの多くは、軽症でも入院を必要とすることになります。

ー検査は高額と言われていますが、どれぐらいかかるものなのでしょうか?
行政検査として行う場合に患者さんや病院への費用負担は生じません。実際に人件費や材料費を合わせてどの程度の費用がかかっているのかは明らかにされていません。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
全 100件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design