東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
動物ペット 鳩まめ川柳 東大阪・こども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝統料理 おしゃべり
コーナー

鳩まめ柳壇     
第43回鳩まめ川柳入賞作品発表 15日付

以下、第43回の選考結果です。
選者の竹村穏夫先生に厚くお礼申し上げます。
第44回のお題は「抜け駆け」。締め切りは6月30日(木)です。
投句欄は、最下段に!


今回当選された方々には、記念品を用意しております。 
メールまたはハガキにて氏名・住所をお知らせください。
連絡のない場合は失効いたします。
までに当選されたも、めてご連絡をおいします。
応募について:作品は、以前に他の懸賞やコンクールに応
募し受賞されたものでないこと。当柳壇において受賞された
場合は、その作品を他の懸賞に応募しないでください。

メール comi-com@lake.ocn.ne.jp
葉書 〒579−8052 東大阪市上四条町6−17  
東野方
  鳩まめ倶楽部 宛て


入選
おめでとうございます 


第四十三回 鳩まめ川柳 お題「晴れ晴れ」 選考結果発表
 説明がなくても実感できる年配の方は多いはず。かくいう私もそんな目に。孫の世話で一週間いなくなった妻。スーパーでお惣菜とパックご飯でチンの2日間、あとは何を食べたか記憶にない。生きる力のない人間を自覚しました。 晴れ晴れが徐々に曇りに妻の留守 鳩まめ賞  「夫恋」がある通り「夫」を「つま」と読んで「中七」に頂いた。なんと優しい句ではないか。「巣ごもり」の他ないご時世、大の男がいては追い立てて掃除をする訳にもいかず、部屋は散らかる。今日は珍しく散歩に出てくれた。今のうちにと掃除にかかるのだ。 コロナ禍で夫が散歩にでてくれた  精一杯看護されている様子が窺え、心優しさが滲んだ句を頂いた。一時的かすっかりかは兎も角、快方に向かっているのだ。懸命さが判るだけに、読者もひと事ながらほっとさせられるのである。人間、何処でも誰でもかくありたいものである。 寛解に計り知れない福が来た  進学か就職かあるいは何かの資格検定試験か、はたまた事業プロジエクトか、とにかく「難関」なのである。懸命に頑張った成果が結実するほど喜ばしいことはない。当方の孫も今春ある種の国家試験に合格できたので、この句の如く陽の温さに浴させてもらえた。 難関を制した朝は陽が温い 佳句  さすがに読み慣れておられる。一切の慮りから解き放たれた気分を暫くの間、誰しもが味わうもので、なんとも言えず爽快なのである。肩書が外れた途端に、あらゆる事象の本質に素直に向き合え、まさに白は白に見えるのだ。 肩書を外せば白が白に見え 優秀句 選者は竹村穏夫先生です
伊勢市 長栄寺 清水町 奈良県宇陀市
だんべいぱぱ 大野美波 和代 颯来 翔のんまな
第四十二回 鳩まめ川柳 お題「貯え」 選考結果発表
 兄弟は他人のはじまりと申します。なまじ財産があると罪作りになることも。なくなったこのおじさんもそれを考えたかどうかは知りませんが...。「子孫に美田を残さず」といきがっても、そもそも美田をもたない身です。 ありがとう遺さず逝ってくれた父 鳩まめ賞  最後にいただくのは、今年も触れずにはおれないコロナの話題。考えてみれば、コロナの変異なんて当たり前の事なのでしょう。ウイルスだって生き残りをかけて必死に変異を重ねているのだと思います。オミクロン株は感染力が強いとか、どうぞご用心を。 抗体にちょっと作戦練るコロナ  さあたっぷりと愚痴を聞かされているのは布団だけなのか?そんな筈はまず無いでしょう。何か月も、いいえ何年間もかも知れません。そんな優しい相手をしてくれるのはアナタと、敷布団だけなのでしょう。掛け布団にはできない芸当なのでしょうね。 たっぷりと愚痴を聞いてる敷布団  「お年玉を取りにだけでも会えるなんていいなぁ」という声が聞こえてきそうなコロナ禍ですが、実はにこにこ顔の作者の様子が彷彿としております。離れて暮らす家族への思いは様々ですが、どうか健康でと願う親心はいずれも同じでしょう。 お年玉渡す時だけ孫が来る 佳句  さらりと詠まれたが、単に雪深い地方の野菜の貯蔵方法に留まらず、艱難辛苦の多い人生も試練に耐えてきたからこそ乗り越えられるものだと諭しておられる。いつもながら慣れた言葉での表現に感服させられる。 雪の下野菜が旨さ貯える 優秀句 選者は竹村穏夫先生です
小山市 長栄寺 神戸市 ふじみ野市 清水町
山宗雲水 和代 さくら草 梶田美保 颯来
 
  
投句欄へ←クリック   虫くい川柳へ←クリック



 第44回鳩まめ柳壇のお題は「抜け駆け」〆切は6月30日(木)
ふるってご応募ください。選考の上、入選者には記念品を贈呈いたします。

 ※応募について:作品は、以前に他の懸賞やコンクールに応募し受賞さ
れたものでないこと。当柳壇において受賞された場合は、その作品を
他の懸賞に応募しないでください。


町名
職業  
  必須ではありません。
年齢  必須ではありません。
性別  必須ではありません。
氏名(匿名可)
あなたのオリジナルを投句してください。お題は「抜け駆け」 
             
6月30日(木)に〆切ります。


トップページに戻る

ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

-
Copyright donatteruno All right reserved.