おしゃべりコーナー
 記事へのご意見・ご感想や、最近身近に起こっている出来事など、書き込みお待ちしております。
営利目的の内容や、スパム対策のため、投稿されましてからしばらく表示までにお時間を頂くかもしれませんが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。お名前と内容は必須事項になっております。匿名・ニックネームでも結構です。メールでのお問い合わせは「webmaster@do-natteruno.com」まで。
※名前
メール
HP
題名

※内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 おかわかめ 加藤 浩美  2019年12月12日(木) 21:16 Mail
[削除]
おかわかめは購入できますか
県外ですが、可能でしょうか

 「安定と挑戦から」『不安定と挫折』に WEBから 東洋経済  2019年12月12日(木) 11:07
[削除]
永田町で逃げ恥作戦と揶揄される安倍政権の一連の危機管理も「私物化疑惑で新たな証拠でも出れば『役に立つ』どころか一気に破綻しかねない」(閣僚経験者)という危うさが付きまとう。主要2閣僚が連続辞任した際、安倍首相は国会答弁で「説明責任は議員自身にある」と繰り返したが、当事者である菅原一秀前経済産業相や河井克行前法相らは、公の場での説明もせず、体調不良などを理由に雲隠れを続けている。
 こうした状況について、反安倍の立場を鮮明にしてポスト安倍を目指す石破茂元幹事長は9日の石破派会合で、「自民党のコアな支持者が怒っている。第1次安倍政権や麻生太郎政権のときと(世論の)感じがやや似ている」と警鐘を鳴らした。安倍首相は9月11日に発足させた第4次安倍再改造内閣のキャッチフレーズを「安定と挑戦」としたが、「現状をみる限り『不安定と挫折』に変貌しつつある」(自民長老)のが実態といえそうだ。

  蟇股  2019年12月9日(月) 11:34
[削除]
川田さんは「木を植えた男」読まれたんですね。私は今柳田邦夫の「犠牲」と「人間の事実」を読んでいます。特に犠牲「我が息子・脳死の11日」は涙なしでは読めませんでした。柳田の25歳になる息子の自死による11日間の記録と脳死判定についての提言を述べている。今私の周辺でも昨年末より脳死?状態でいまなお病院にいる仲間や、元上司の奥さんが7年間植物状態になり、一昨日喪中はがきが届いたりで、死について強く意識するようになってきています。 

 『木を植えた男』を読む。 川田  2019年12月6日(金) 13:47
[削除]
フランスの作家ジャン・ジオノの短編小説である。主人公である「私」が、人知れず荒野で植樹を続ける男エルゼアール・ブフィエer)と出会い、男の活動により森が再生していく様子を回想として記している。作品は完全なフィクションであるとう。心が洗われる思いだ。

 人としての矜持は? 大森誠二  2019年12月6日(金) 14:08 [削除]
川田さんご紹介の「木を植えた男」と、アフガンで銃弾に倒れた中村哲医師の活動が重なります。本日の新聞コラムによると、「1600もの井戸を掘り、全長30キロ近い用水路をひらき、不毛の地は広大な農地となって数十万の人々に恵みをもたらしました。」・・と。「私たちが持たなくてよいものは何か、そして人として最後まで失ってならぬものは何か」を問いかけますね。

 進ちゃん歯切れ悪いよ 佐沢  2019年12月6日(金) 13:24
[削除]
桜を見る会「複雑な思い」と小泉環境大臣

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
全 100件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design