今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2017年7月25日掲載
                                   
                     
 近年、うさぎがペットとして選ばれるケースが増えています。しかし犬・猫と比
べてペットとしての歴史が浅いため、飼い方については理解が進んでいないの
が現状。大型量販店からうさぎを連れ帰ったはいいが、すぐに死なせてしまっ
たというケースもあるようです。
 今回、10年ほど前に取材させていただいた、東大阪で唯一のうさぎ専門店
である「うさぎのミルキー」を再訪問。うさぎを飼う上で何が大切かを教えてもら
いました。うさぎのことを知りたいと思う方や飼いたいと思っている方は参考に
して下さい。


                     
index        
 うさぎを知り尽くしたオーナー←ジャンプ
   
 うさぎのミルキーはこんなとこ←ジャンプ
   ユーチューブ うさぎのミルキー訪問←ジャンプ
 うさぎの身になって←ジャンプ
  
 飼い方 目からうろこ・・・の話←ジャンプ
⑤ 既報 めずらしいうさぎの専門店←クリック

   
              
 うさぎを知り尽くしたオーナー
 



うさぎのミルキー 店頭
 うさぎのミルキー(以降:ミルキー)のオーナーの花岡三千子さんと、「お久しぶりです!」とご挨拶。その直後にお客さんが来店。爪切りをするとのことで、まずはその様子を見せてもらいました。

店頭のうさぎのオブジエ
 “ひろゆきパパ”に連れられてきたのは晋作クン(4歳)。「頭をなでてほしいときはすりよってきます。ケージから出してほしいときは私の鼻をなめるんですよ」と、晋作クンにメロメロのようす。でも、爪を切ろうと抱っこすると大暴れするのだそうです。
 

晋作クン(4歳) 花岡さんに爪を切ってもらう 

このみチャン(3歳7ヵ月)
 次にやってきたのが、このみちゃん(3歳7ヵ月)。“やすこママ”に抱かれています。「ちょっと臆病なんです。餌がなくなるとアピールするし、水がなくなると空のボトルを落とすんですよ」と、心の交流を喜んでおられるようす。でも、家では爪を切らせないそうです。
 さすがプロ!気迫なんでしょうか、それとも技なんでしょうか、ひょいと抱き上げ、事もなげに爪を切ってゆきます。そんな花岡さんのかたわらに、貫禄十分のうさぎを発見。赤ちゃんうさぎの中で異彩を放っています。たずねると、マスコット店長の「やっさん」だそうです。「御見それしました!」

「店長」の「やっさん」(7歳)
 やっさんは、3年前、高いところから落ちて足を骨折。病院で診てもらったところ、手術はできず切断が最良と判断されました。治療後、自分で首にまかれたエリザベスを外し、糸を何本か抜くという武勇伝をもっています。


上に戻る←クリック



 うさぎのミルキーはこんなところ



つぶらな瞳でじっと見つめられました

耳が垂れてるホーランドロップ

 うさぎのミルキーでは2種のうさぎを扱っています。その一種は、ネザーランドドワーフ。もう一種は、ホーランドロップ。

耳が立ってるネザーランドドワーフ
 
 どちらもオランダ原産のアメリカで品種改良されたアメリカンラビット純血種です。小型で性格はおだやか。飼いやすいうさぎとして知られています。
 
 

<ユーチューブ>
 うさぎのミルキー訪問 





上に戻る←クリック


                   
           
 うさぎの身になって



  ひんやりグッズ 夏の暑さはうさぎの大敵!
 広いとはいえないミルキー店内ですが、所狭しと、うさぎ関連グッズが並んでいます。オーナーの花岡さんの眼鏡にかなったもの、オススメのものが置かれています。
 ことに、うさぎが日々食べる
牧草については、ミルキーのオリジナル版を提供しています。


アメリカ・ワシントン州・エレンズバーグの牧草畑  &  ミルキーオリジナル製品
 ここは、ワシントン州エレンズバーグ。イネ科の牧草“チモシー”の生産で有名です。栄養価、繊維質にも優れているといわれます。うさぎは特に“匂いで食べる”といわれるようで、チモシーの新鮮な香りがなによりです。

穂が入っているのがチモシーの特徴
 このチモシーは、主に競争馬用として日本に輸入されています。
 ミルキーでは、輸入業者と提携し、一番刈りでふわっと仕上げた“シングルプレス”
のチモシーを提供しています。毛玉を口から吐けないうさぎにとって、繊維の力で排泄させることが健康の上でも欠かせません。

うさぎ専用のトイレ砂
 また、日々の排泄処理も大事な世話の一つです。水分の吸収力が消臭効果を最大限に発揮できるように、紀州ヒノキでつくったトイレ砂を産地と共同開発しています。いずれもうさぎの快適な生活を願ってのことです。


うさぎの飼い方目からうろこ・・・の話


赤ちゃんうさぎ

ミルキーの飼い方パンフレット
 ミルキーでは飼い主となる人に飼い方のパンフレットを渡し、飼育説明をしています。パンフレットには、どんな準備がいるか、注意することは何かが懇切丁寧に書かれています。うさぎが飼い主の家で幸せに暮らせるようにとの願いが込められています。初めてうさぎを迎える家族にとっては心強い指南書です。
 
 ※うさぎのミルキーのうさぎ達はアメリカンラビット(純血種)で室内飼育用に品種改良されたものです。パンフレットの飼育方法については、基本的にうさぎのミルキーのうさぎが対象になります

 ミルキーではそのつど、疑問や困りごとに対するアドバイスがもらえます。専門店の心強いところです。
 取材の最後に、一般的に流布している飼い方の間違いを教えてもらいました。私にとって、目からうろこ・・・の内容です。

水は大事
うさぎに水を飲ませてはいけない。
 うさぎにも水は必要です。浄水器の水やミネラルウオーターは避けましょう。新鮮な水道水を飲ませます。 

健全な歯は異常に伸びない
歯は定期的に削る必要がある。
 健全な歯は牧草などの適切な餌を与えていれば異常にのびることはありません。

とてもきれいずき
清潔にするため体を洗う。
 うさぎを水につけないでください!もちろんシャンプーもいけません。うさぎは自分で毛づくろいをして体を清潔に保ちます。弱い動物が肉食の動物に狙われないよう、自分で自分の体臭を消す力が備わっています。
うさぎにはにんじんがよい。
 
“うさぎににんじん”は誤解。絵本のピーターラビットが食べているのは、にんじんじゃなく、実は赤いラディッシュ。じっさい、にんじん嫌いのうさぎは結構いるそうです。6ヵ月までの赤ちゃんには、にんじんはもとより生野菜は厳禁。よけいなおやつも控えます。

うさぎの赤ちゃん
 いろいろと花岡さんに教えてもらいました。抱っこは苦手だが人懐っこいという習性は、人間の感覚からすれば理解しにくいところです。しかし、どんなペットであれ、習性や個性を知った上で、ともに生活を楽しむことが基本なんだと学ぶことができました。
 うさぎの仕草がかわいくて癒されました。とりこになりそうです。
花岡さんありがとうございました。
お店データ
地図
         

   
    うさぎのミルキー

所在地 〒578-0944
東大阪市若江西新町3-4-20
電話 06-6724-6202
090-3860-5100(携帯)
営業 12:00~18:00
定休日:火曜・水曜
(祝祭日除く

※木曜の爪きりは17:00まで
HP http://www.usagi-milky.com/
   ネットショップ可
E・mail hanasan@usagi-milky.com
その他 お気軽にお問い合わせ下さい

  

上に戻る←クリック


ルポ 楢よしき  駒    校正:駒 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.