今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2019年3月11日掲載
                                   
                     

 今か今かと完成が待たれる旧市民会館に代わる
東大阪市文化創造館
すでに利用者説明会がもたれ、利用申込の抽選会がおこなわれています。
建物本体はこの夏までに完成するようです。去る2月23日(土)、小学生と
保護者の工事見学会がもたれました。鳩まめ倶楽部は、チャンスとばかり取
材を申請。許可をいただいて、工事中の内部や子ども達の様子を皆様にご
紹介します。 

                    
index
        
 工事中の文化創造館へ! ←ジャンプ
 子どもたちの工事見学 ←ジャンプ
 オープンは9月1日(日)! ←ジャンプ

 
  
工事中文化創造館

 
工事作業中の東大阪市文化創造館


工事作業中の東大阪市文化創造館
 文化団体や市民は一刻も早
くと、“旧市民会館”の次の新
館完成を待ち望んでいます。
 工事現場は、
八戸ノ里駅
ら北へ数分のところ。
 工事
関係者によれば、2月
23日現在で6~7割が完了。
 6月半ばに引き渡す予定で
進めているということです。 


 新しく誕生する会館の名前
は、
東大阪市文化創造館
 指定管理者
は、PFI東大
阪文化創造館株式会社
です。
 工事中の屋上にちらっと見
えたのは太陽光発電パネル。
外装工事もかなり進んでいる
感じ。
 
※2020・3~2034・3



挨拶する野田東大阪市長 このあと同じコースを視察 & 事前説明会



疲れにくいデザインを採用しているという
 しばらくすると、親子連れの
グループがどんどんやってき
ます。今日は、小学生を対象
にした工事見学会の日です。
 集合の部屋には、ホール
用の椅子が見本として置か
れています。巾は53㎝、ウレ
タン仕様で疲れにくいデザイ
ンだと説明がありました。
 見学者は安全のため工事関係者と同じようにヘルメットを
着用。そして、
S・M・A・Cの4班に分かれます。

工事関係者からの説明
  Sはセーフティー、Mは
マナーアップ、Aはアジャスト
(調整)、Cはクリーンの頭文
字をとって
スマックと読みま
す。工事中の心得にちなん
だ班名という
説明がありまし
た。見学会には
野田東大阪
市長
も参加、子どもと同じコ
ースを視察されていました。 

見学コース図(見学者用資料より) ←クリッ


上に戻る←クリック




どもたち工事見学


フォロースポットライト投光室より大ホールの舞台を見る


 まず、エレベーターで一気
に最上階の5階に上がりま
す。ここに
フォロースポット
ライト投光室が
ありました。
 眼下に見える大ホールの
広さに、子どもたちから驚き
の声が上がります。この部
屋で舞台の照明やスポット
ライトが操作されます。完成
後は一般客が立ち入れない
場所です。


1階から2、3階の観客席を見上げる
  1階(観客席設置予定場所)
ら2階、3階の観客席を見上
げました。まだ客席シートは
取り付られていないものの、

1500席
の威容を充分に感
じます。
 張り出した
バルコニー席
本格的劇場の印象を受けま
す。子どもたちもしきりとカメ
ラを向けていました。

舞台の説明を聞く参加者
 驚かされたのは舞台前面
に深く大きな空洞があるこ
と。オーケストラピットで
しょうか。「オケ迫りが設置
される」という説明を受けま
した。
舞台が一挙にグレード
アップされます。

上に戻る←クリック

完成予想図を前に説明を聞く見学の子どもたち


壁の仕上げ & 足場組み立て体験
 見学の子どもたちは、ただ
見るだけでなく、「施工体験」
にも挑戦しました。まずおこ
なったのが、コンクリート打
ちっぱなし面の
仕上げ作業
 ボルト穴を“Pコン穴埋め
栓”で埋めてきれいにします。
 次に取り組んだのは足場
を組む体験。
次世代足場「ミ
レニウム」
の1/5ミニチュア
を組み立てます。

 最後におこなったのが高車体験。作業車に乗るのが初めて
の子どもたち。はじめはおっかなびっくりでしたが、みんな
高いところから笑顔で手を振ったりピースサインをしていました。

高車体験
 布施からお爺ちゃんと参加した
小学5年の男の子。「普通だったら
出来ないことが出来て楽しかった」
と、感想を聞かせてくれました。
 女の子三人で参加したのは小学
4年の同級生。お母さんの一人が
館の事務につかれています。「クレ
ーンが迫力あった」「思ったより広
かった」「働いている人にやさしくし
てもらった」と、それぞれ見学の印
象を語ってくれました。「オープン
の日に来ますか」とたずねると、即
座に、「来ます」と元気のいい声が
返ってきました。



オープン(日)


工事中の東大阪市文化創造館  中央はシンボルツリーの“ヤマザクラ”


午前の部の集合写真
 開館を前にしておこなわ
れたプレイベントの工事見
学会。参加者は午前と午後
の二部で29組あり、大盛況
だったようです。
 普通、工事現場は子ども
だけでなく大人も立ち入れ
ません。
 安全対策を万全にして取り
組まれた見学会に、工事関
係者の心意気を感じました。
 

大ホール完成イメージ図
 この見学会に参加できた
おかげで、工事の様子や

大阪市文化創造館
の雰囲
気をお伝えできます。
 文化創造館は9月1日
(日)
にオープンです。


東大阪市文化創造館ホームページ
         ↑
        クリック

 
    〃 フェイスブック
         
        クリック
 文化創造館の概要は、大ホール(1500席)、小ホー
ル(300席)を中心に、多目的室・創造支援室・音楽ス
タジオ・和室など20室ほどあるそうです。エントランスロ
ビーはギャラリーにも利用できます。まちライブラリーと
まちライブラリーカフェも併設されます。

    
まちライブラリーとまちライブラリーカフェ←リンク

情報誌 カンファーレ クリック:拡大
 文化創造館から、紙媒体の情
報誌も発行され始めました。
 名前は
“カンファーレ!”。写真
は準備号ですが、年4回発行予
定です。施設の案内、イベント
情報など館と人と地域をつなぎ
ます。
カンファーレという名前は、
二つの言葉をあわせた新造語。
カンファーとは英語でクスノキの
こと。市の木にちなみます。それ
にファンファーレが鳴り響く華や
かさを加えて誕生しました。
 モバイル機器が苦手という人
には情報誌発行は朗報です。

↑上に戻る

 
 レポ:R・山口 Zidaiya・菊池 楢よしき 校正:駒
 

 
                                               
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.