今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2018年7月6日掲載
                                   
                      
 街の緑は、人々の心を安らげてくれます。花壇に植えられた花をみることで
私たちは季節を感じ、自然の中に生かされていることを再認識できます。
 また、緑は街の空気の浄化や防災の観点からも欠かせません。江戸時代の
明暦大火のあと、幕府は火除
(よ)け地を計画的に作りました。現代においても
防火保安林や山崩れ防止の防災林、地震時の避難場所など、その必要性は
高まっています。今回紹介するのは、東大阪22会の展示。大切な緑を市民の
手で守ろうとする活動に、スポットを当てています。 

                  
index
 市民の手で緑の保全と再生←ジャンプ
 22会の活動にエール←ジャンプ
ユーチュブで見る緑地保全団体活動記録展←ジャンプ
            

 
  
市民の手で緑の再生と保存


緑地保全団体の活動記録展 会期は6月30日(土)から一週間


会場の準備作業
 市役所22階の市民ギャラリー
を積極的に活用しましょうと呼び
かけ、自らも定期的にイベント
を開催している
東大阪22(にいに
い)
(田中勝治会長)
 今回は、
東大阪市の水と緑の
再生保全
とタイトルをかかげ、緑
地保全に取り組む市民団体の活
動を紹介する展示会を開いた。


今米緑地保全

中央環状緑化

日下山整備

稲田桃再生
 今回紹介されたのは、7組織9
団体。それぞれの地域に根ざし、
長年にわたり活動をつづけてい
ます。


枚岡の森保全

河内木綿再生

山麓の森保全

今米特別緑地保全の活動
 
大和川付け替えに功績のあった中甚兵衛。そのゆかりの川中
邸の屋敷林は、都市の真ん中にある貴重な緑。府の緑地保全に
指定されています。この緑を守るのが、
今米緑地保全会美杜
里の会
屋敷林を守る会の三団体だ。
竹林に響く雅楽の音 第15回愉会←クリック
師走の一日を愉快に 第6回愉会←クリック
・川中邸屋敷林 清掃ボランティア←クリック
稲田桃再生栽培プロジェクト
 楠根リージョンセンターが中心となり、地域ぐるみで稲田桃の
花さく里づくりを目指している。最近では、桃の実からジャムを
つくることに取り組み、おいしいと評判になっている。

・桃ジャムづくり←クリック
ももの花祭り←クリック

・桃の花咲くふるさとづくり←クリック
ひらおかの森を守る会
 枚岡神社の鎮守の森を中心に、山麓の森を整備・保全につ
とめ、ドングリの木を苗から育てて植林します。鳥や虫などとの
共生をめざします。

jひらおかの森を守る会←クリック
神田づくりへ大きな一歩←クリック
命の輝き共生の森づくり計画推進協議会 
 中央環状線の高架下を生かし、市民の憩いの場づくりをめざ
す。ここではエネルギーや水を確保し、災害のときの避難場所
ともしようとするねらいをもっている。

・着々とすすむ森づくり←クリック
・夢をかたちに←クリック

・しっかり取り組もう 環境問題←クリック
河内木綿はたおり工房
 昔盛んだった河内木綿の生産。その伝統を復活させようと取
り組んでいる。木綿を栽培し製品作りまでをおこなう。作業する
公開の工房をオープンした。

はたおり工房新規オープン←クリック
河内木綿コットンクラブの挑戦←クリック
日下山を市民の森にする会
 かって遊園地があり、旅館も営業していた土地。太宰治の作
品の舞台ともなった場所を
市民の憩いの場に変えようと取り
組む。森の整備だけでなく、憩いの場になるよう花も植える。
 

ハンドラの丘一帯を憩いの場に←クリック
東大阪フォレストクラブ
 生駒山麓の自然を守る目的で活動します。森林整備の活動
は、山崩れの防止などにも貢献します。豊かな自然を次世に引
き継ぐのがねがいです。


 東大阪フォレストクラブホームページ←クリック

 今回の記録展では、東大阪市で緑の再生と保全のために活動
する団体のうち、7組織9団体が
紹介されました。どの団体の活
動も地道です。そのため、市民の目に触れることはめったにあり
ません。
今回の取り組みは、そんな縁の下の力持ちの団体を知
る機会となっています。

 
上に戻る←クリック




 22会の活動にエール  
 
 
 会場には、河内木綿の苗
が並べられています。
 希望者には無料でわけま
す。綿を育てるのが初めて
という人は、「挑戦してみま
す」と、栽培方法を詳しくた
ずねていました。
 
 東大阪22会は、これまで
も、市民に伝えたいことを展
示をはじめ、公演・講演でア
ピールしてきました。
 今回の企画では、「街中の
里山づくり」と題して、命の輝
き共生の森計画推進協議会
顧問、
安川昭雄さんが講演し
ます。
 これまでの22会関連報道(一部)

・22会 東大阪ゆかりの芸能の人展

22人の匠展←クリック

・市役所22階にあらたな活気←クリック

市役所22会の市民ギ
ャラリーが一層市民の
みなさんに親しまれる
よう、東大阪22
(にいにい)会の奮闘に期待し
ます。

 
 上に戻る←クリック


ユーチューブで見る 緑地保全団体の活動記録展


上に戻る←クリック
 
 取材 楢よしき  校正:駒
 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.