今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー
ふるさと東大阪2014年2月5日掲載




 

 月下旬、東大阪と八尾在住の美術家のおよそ100人の新作展が開催されまし
た。名称は「河内100人展」
 今回は、30回目の記念すべき取り組みです。
 会場となったの八尾西武ホールに出向きました。


             <動画>第30回河内100人展のようす ←ジャンプ



第30回 河内100人展

 会場は、近鉄八尾駅前の西武(SEIBU)八尾店の8階にある八尾西武ホールです。西武の協力を得て開催されています。

             主催:河内100人展実行委員会・八尾美術協会・東大阪市美術協会
              
後援:八尾市・八尾市教育委員会、八尾市文化連盟
                  東大阪市・東大阪市教育委員会、東大阪市文化連盟
              協賛:社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団
 河内100人展の主催は河内100人展実行委員会で、東大阪市美術協会と八尾美術協会が合同で取り組む大きなイベントです。今年は記念すべき第30回目の開催となりました。
 ホールに入って、広々とした空間にびっくり。サイズの大きな絵画が並んでいるのに、ゆったりとした雰囲気です。

近鉄八尾駅前の八尾西武(SEIBU)
こんにちは! 鳩まめです

八尾美術協会会長 川俣 勲さん     東大阪市美術協会会長 甲村邦雄さん
 ちょうど会場には、主催者の東大阪市美術協会と八尾美術協会の両会長さんがおられました。

東大阪市美術協会会員 西 幸子さん(93歳)の作品 

 東大阪市美術協会の会長で
この河内100人展の事務局を担当されている
甲村邦雄さんにうかがいました。今回の展覧会の総点数は、洋画、日本画、水彩画、彫刻を合わせて97点。選抜を経て、八尾と東大阪でほぼ半数ずつの出品です。

 甲村さんは、ぜひ紹介したいと、ある絵の前に案内されました。「赤い屋根の家」と題されたその絵は、93歳になる女性が描かれたものだそうです。卒寿を過ぎても衰えぬ創作意欲に感銘を受けておられ、東大阪市美術協会の宝だとおっしゃいます。
 協会の今後の抱負としては、若い年齢層に門戸を開き、もっと活性化をはかりたいそうです。そのためには、若い人々が魅力を感じる活動を展開してゆきたいと語ってくださいました。

甲村邦雄さん & 作品「トスカーナ地方の農村」の前で
 

川俣 勲さん & 作品「阿蘇南麓」の前で
 八尾美術協会の会長である川俣 勲さんは、現在、女性の作家が活躍されているのは心強いと語られます。
 今後、協会全体として作品がマンネリ化しないよう、斬新な作風を追求し、観る人を惹きつける創作活動を目指したいと、抱負を語ってくださいました。
 
 八尾美術協会では、毎年7月の第一週に八尾市生涯学習センター“かがやき”において、6日間の美術展を開催しています。今回で56回目となります。「東大阪の皆様もぜひお越しください」と、お誘いがありました。
                     八尾市生涯学習センターかがやき ←クリック     
たくさんの人々が観賞
 会場で、観客の方に感想を伺いました。
 東大阪から来たという3人グループの女性は、東大阪市民美術センターにもよく行っているといいます。この河内100人展も何度か来訪しているそうです。「毎回見ごたえがあります」との感想をいただきました。

たくさんの観客がみえています

広々としたホール
 次に声をかけたのは、八尾市在住の3人グループの女性たち。自分の好みの絵を話し合っていたそうです。「でもやっぱり好みは三人三様だ」と笑っておられました。今日は、偶然に来場されたとか。「ラッキーでした」「楽しめました」と、お話しになりました。


画家さんに伺いました

会場に見えられていた東大阪市在住の画家にお話を伺いました。
 西岩田在住の画家谷本洋子さんは、画歴50年。その大半を、文化センターやカルチャースクールでの児童画の指導にたずさわっておられます。
 「子どもと接しているうち、子どもたちからヒントをもらい、自分の描く絵が変わってきました」と、谷本さんは話されます。
 

谷本洋子さんと 作品「なんとなく」
 今回の作品は青いメルヘンの世界です。今まで抑えてきた「線」を、これからは積極的に生かしてゆきたいそうです。その言葉どおり、躍動感のある線が印象的でした。
チャリティー色紙・小品展を併設

チャリティーコーナー
 河内100人展では、5年ごとにチャリティーをおこなっています。今年はちょうどその年に当たり、会場の一角には、両協会の画家が寄贈した絵や色紙が展示されています。売り上げは、社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団を通じて、福祉分野に届けられるそうです。売約済みの札がたくさん貼られているのはうれしい光景です。



<動画> 河内100人展のようす

ルポ:楢よしき   校正:駒


                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.