今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 生駒山麓風物誌 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪のこども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山
鳩まめ自己紹介 鳩まめGallery 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー

  
 3月末から4月はじめにかけて、一風変わった個展が開かれました。ところは
石切駅前にあるギャラリー砌(みぎり)。ある人からある人への私信のハガキに
描かれている絵。それがたまりにたまっていたところ、ギャラリーオーナーの目
にとまりました。その素晴らしさに魅了されたオーナーは、額装して個展を開く
ことにしました。絵葉書を送っていたのは異色の経歴をもつ画家でした。



                 index
              
      ①ギャラリー砌 一風変わった個展 ←ジャンプ
         ユーチューブ 砌個展のようす ←ジャンプ
       ②東大阪の画家との縁 ←ジャンプ
      ③異色の画家 ←ジャンプ


ギャラリー(みぎり) 一風変わった個展

 

 ここは、近鉄石切駅前にあるギャラリー砌(みぎり)。河内平野を眼下に見る高台に、昔の納屋を改造した和風の清楚なたたずまいです。

 

 オーナーは小松典子さん。小松さんがある
画家の個展に出向いたところ、画家に宛てて
送られてきた膨大な手描きの絵葉書を見せら
れました。その手描きの絵に魅力を感じた小
松さんは、「ハガキ絵展」の開催を決意。
 スタッフと絵を選び額装しました。「直接作家
さんにお会いしてないんです」と、小松さんは
笑います。
鳩まめの記事紹介
 絵具のホルベイン工場
 阪口真智子鬼語る展
文楽人形細工師菱田雅之
 環境陶芸藤原郁三
 油絵に情熱注ぐ
河内100人展八尾・東大阪
 京都町屋通崎睦美
 動物イラスト佐藤邦雄
 河内の原風景写真展 
 濱田庄司と芹沢銈介
2017東大阪秋季公募展
 版画家名嘉ボクネン
 上方舞 吉村ゆきその 
 拓本の世界
ギャラリー紹介書家髙木誠子
 日本画大坂四条派
 若手型絵染め作家
 型絵染作家伊藤千晶
           
          ギャラリー砌ホームページ ←クリック
  
 写真家 星野道夫



ユーチューブ  本田照男ハガキ絵展




②東大阪の画家との縁



阪口真智子さん
即興で描いた絵を披露(ギャラリーパナクイティにて)
 小松さんに絵葉書を見せたの
阪口真智子さん
 鬼の墨彩画で活躍されている
東大阪在住の画家です。阪口さ
んが関東を旅行したときにある
画家さんと意気投合。以来二年
半にわたり手描きの絵葉書が
送られてきました。今では膨大
な数に。
 阪口さん自身、この絵の作家
の価値を広めたいと考えている
ところでした。小松さんの申し
出に対し相手の了解を得て快
諾しました。


仮題「赤いリズム」


仮題「慈雨」 クリック:拡大
  個展を知らせるハガキに二つ
の作品をのせました。しかし、私
信ハガキの絵だから作品名はも
ちろんありません。そこで、阪口
さんが二点だけ仮の作品名をつ
けました。
 展示場の作品に作品名が書かれ
ていない理由がわかりました。

  ※絵は撮影のため原画と相違します。掲載の
写真の無断使用はお断りします。



 ギャラリーオーナーの小松さん
は、この作品群を、意図していな
い絵で、描くことの喜びがあふれ
ていると、その魅力を評します。
 絵葉書という小さな空間なの
に、小ささを感じさせません。そ
の密度の濃さに圧倒されます。
 それにしても、それぞれの絵の
裏に、時候の挨拶や折々の言葉
が書かれていると思うと、ちょっ
とのぞきたくなります。きっと、
その時々の心境が絵に表れてい
るでしょう。


③異色の画家


ギャラリー木耳 ホームページの写真より

ギャラリー木耳 ホームページの写真より
 この絵葉書の送り主が本田照男
さん
という方。沼津市にお住まい
で、とても異色の画家さんです。
 というのは、もとのご職業は焼
肉屋さんで、40年以上営業され
てきました。
 ところが、60歳のある晩、F
Mラジオ局が
「マタイ受難曲」
流していたとき、それを聴きなが
ら描いた一枚のハガキの絵。そ
れがまわりの人から賞賛されま
した。

本田照男さん
ギャラリー木耳 ホームページの写真より
 それまで絵を描いたことがなか
った本田さんですが、この日から
絵に開眼。猛烈な勢いで制作を
始めます。なんだか神がかりの
ような話です。
 絵を描くのが楽しくてしかたが
ない本田さんは、ついには焼肉
屋を閉店、そこに
ギャラリー「木
(きくらげ)を開店します。
 静岡県内で数回個展を開き、沼
津市芸術祭の奨励賞を2度受賞。
 絵をはじめて10年あまりの間
の出来事です。その間、毎日10
時間以上描くという制作三昧の
生活を送っておられます。
 

 

ギャラリー木耳 ホームページの写真より
 2年半前に、東大阪の阪口さん
と出会い意気投合。以来、絵葉
書を送り続けてきました。
 今回のギャラリー砌のハガキ絵
展によって、その存在を知ること
ができました。貴重な出会いに感
謝し、東大阪から本田さんの御
活躍をお祈りしたいと思います。
               ギャラリー木耳ホームページ←クリック 
紹介者: 楢よしき    校正:駒   2018・4・18
 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.